クリップデータの作り方

データ作成推奨アプリケーション「Illustrator」・「Photoshop」 ※エレメンツを除く
  1. テンプレートをダウンロードする。 各種テンプレート
  2. テンプレートを開く。
    ※テンプレートはPDFですが、Illustrator・Photoshopで開くことができます。
  3. 範囲内にデザインを行う。 通常テンプレ太線の範囲内、簡単型抜きテンプレ赤線まで、簡単彫刻テンプレ赤の部分内

データの作り方:カット編

クリップのデータは、パスでカットラインを作成して下さい。
パスは、ペンツールで作成して下さい。(赤丸内のアイコンのもの)

ポイント!線で作成をしてください。

※線になっているかの確認方法… 【全選択】で上記画像の【右】のようになっているか。

データ作りの注意点

  • 線を、塗で隠すのはNG。 はみだしを消したい場合は、塗りで隠すのではなく、線で作成し直してください。 注意点詳細
    • ※線の太さは、mm以上(pt)で作成してください。
    • ※文字の大きさは、mm以上(pt)で作成して下さい。
  • 先が細く尖っているデザインは、折れやすくなりますのでご注意下さい。
  • 文字で、明朝体などの細い部分のある文字は、推奨の大きさよりも大きく、太くすることをおすすめいたします。
  • クリップの挟む部分の外側は、細すぎると挟む際に折れてしまう可能性がございます。
    簡単カットテンプレートの太さ(2mm程度)をご参考下さい。

データの作り方:彫刻編

クリップのデータは、パスで作成して下さい。
パスは、ペンツールで作成して下さい。(赤丸内のアイコンのもの)

ポイント!塗りで作成をしてください

※パスを線から塗りにするために、アウトライン化を行って下さい。
└【オブジェクト】→【パス】→【パスのアウトライン】
塗りになっているかの確認方法… 【全選択】で上記画像の【左】のようになっているか。

データ作りの注意点

  • はみだしを、塗で隠すのはNG。
  • 彫刻をすると、その部分の色は薄くなります。
  • グラデーション等、濃淡の表現はできません
  • 写真の彫刻はできません。
  • 広範囲に彫刻を行うと、強度が下がります。また、非常に時間を要するため追加納期をいただく場合がございます。
    1/2以上彫刻になると、紙がゆがみます。
  • ある程度の線の細さまで再現可能ですが、細すぎるものは見にくくなります。
  • 複合パス、アピアランス効果などの特殊効果は使用しないようにお願いいたします。

データの作り方:カット・彫刻編

クリップのデータは、ペンツールを使用してパスで作成してください。
万年筆のようなアイコンです。
※フォトショップエレメンツにはパスの機能はございません。

カットだけでも、彫刻ありの場合でもパスで作成してください。
ブラシ(筆アイコン)や、特殊な効果は使用しないでください。

手順 1. パス取りをする。 2. 【パス】→【パスの右端をクリック】→【パスを保存】 ※【パス】が見当たらない方は【ウィンドウ】→【パス】で表示されます。それでもない場合は、エレメンツの可能性があります。